自問自答がやたら多い釣りブログ。

【ミミコン観察日誌】9月後半編

9月を終えて、ミミズコンポスト(略してミミコン)を開始して3ヶ月目が終了しました。

月に1回くらいの更新頻度かな?と思いきや、7月8月はネタがなくて合併号して記事としましたが、今月は書くネタが多々ありまして、前半と後半に分けて書く次第なのですが・・。

今回はミミ(ここではミミズのことを敬意を込めてミミと呼びます)の他にウジ(現在のところ敬意はないのでウジのまま呼称)が登場しますので、見たくない人はとにかく気をつけて読んでくれたら幸いです。

それでは、9月後半編スタート・・。

1:雑草を与える・・。

まず、僕の僕個人の仕事の話になってしまうのですが、とある資格試験を受けておりました。

この試験・・。

無事に合格し、資格を取得することができたら、毎月の資格手当が増えたり、今後の僕の職場の立場が変わるかもしれないという・・それなりに重要な資格試験でして・・釣友たちの釣りの誘いをそれなりに断り・・(泣)、見事合格することができました!

約2週間におよぶ勉強漬けの日々は、なんとなく懐かしく、それでいて新鮮で、なおかつ、もし試験に落ちたら・・というプレッシャーもあってか、それなりに集中して勉強に励むことができたのですが、そんな無事に合格した直後・・その反動がいきなりやってきて、釣りに行きたくて思考回路はショート寸前・・多分、一度釣りに行かないと日常には戻れない精神状態でして、当日は疲れのせいか就寝・・。

そんな翌日の休日・・。

この日は次女の誕生日ということもあり、釣りに行くのなら未明〜早朝オンリーと時間的に制限されていましたが、1〜2時間ほど久しぶりにマイホームサーフに釣りに行って、もちろん釣果はなくて、ようやく釣りに行けたことによる満足感なのか、釣果がなくて現実に無慈悲に引き戻された結果なのか、僕にはよくわかりませんが、そのおかげで高ぶっていた釣欲も落ち着き、ようやく日常に戻ったと自覚・・。

現実に引き戻されたswitchは、久しぶりに朝からのんびりしたいなぁーと思いつつも、この2週間でそれなりにやらないといけないことがたくさん蓄積されているのでその解消に奔走です。

前置きが長かったですが、ここから本題・・蓄積されたやらなければならないことの一つ、草むしり始動です!

今回はアシスタント2名(長女と次女)を雇って(報酬はお菓子)の草むしりです。

3人いるので、それなりに早く終るかな・・と思いきや、スタート直後から何やら長女に不穏な動きが・・。

switch
switch

ねぇねぇ、何してるの?草むしりは?

今ね、バッタさん捕まえた!

娘と虫かご

まさかのスタート直後からの戦線離脱・・。

しかも、虫に触れないのに虫カゴの中にバッタを入れたいらしく、15分ほど悪戦苦闘しながら、ようやくバッタに触れずに虫カゴに捕獲することができたのです・・が、ようやく草むしり開始してくれるかな?と思いきやバッタの観察時間スタート・・。

ちなみに長女がバッタを見つけてモゾモゾ捕獲準備を開始したほぼほぼ同時刻・・次女の方は砂場あそびを展開・・。

switch
switch

ねぇ君たち・・働いてくれないかな・・。

「雇うんじゃなかった・・」と後悔しつつ黙々と作業です。

作業事態苦痛ではないのでそれなりに集中して主な面積を占める庭の部分が終了!

残りの割合的に15%くらいを占める裏庭の草むしりをしていると、それぞれの遊びに飽きたのか、ようやく2人とも手伝いに来てくれました・・かのように思えましたが、おそらく草むしりしていないように思えるのは僕だけでしょうか・・?

娘たち
長女
長女

パパー?約束のお菓子は?

次女
次女

あたし、アンパンマンのグミがいいー!

switch
switch

・・・・・。

ほとんど一人で草むしり作業をやり遂げ、次から二度とアシスタントは雇わないと決めつつ、それなりの量の雑草(ミミのゴハン)が集まりました。

おそらく・・このまま与えても、ミミが草を食べるわけではないので、ミミに向けてというよりは、雑草を分解してくれる微生物へのゴハンとなるのでしょうが、それなりに刻んでミミコンの中に投入!

分解に時間は掛かると思われますが、ミミの栄養になってくれることを願いつつ投入しました。

集まった雑草

今まで可燃物ゴミとして出していた雑草・・。

コレをミミに与えることでゴミの削減になっていること・・妻も理解してくれたら良いのに・・。ミミコンを運用して3ヶ月になりますが、まだまだ妻のミミのイメージは払拭できていない様子・・。さらなる啓蒙活動に勤しまなければなりません。

・・投入して1週間後。

掘ってみると、まだほとんど分解されていないご様子・・。

それでも、ミミが少なからず集まってはいるので分解が目に見えないところで進んでいるんだろうと推察しているところではありますが、もう少し分解を早くさせたいと思えたので、次回からは抜いたそばから投入するのではなく、ばらく乾燥させたりしながら、より分解されやすくなるように工夫しようと思います。

2:野良ネコのブツ・・続編

9月前半編で書いた野良ネコのブツをミミコンに託した件ですが、懸念していたとおりウジがわきました・・。

ウジがわいたというよりウジが散見されるというような表現の方が正しいのかもしれませんが、それなりにショックでした・・。

また、勝手な想像でアメリカミズアブはコーヒーが苦手と決めつけており、もしかするとハエのウジもコーヒーが苦手なのでは・・と思っていましたが、普通に元気に蠢いているのでコーヒー論は消失・・ただただ早く大人になってミミコンハウスから出ていってくれと願うswitchでした。

ちなみに、ウジだけを取ることも考えましたが、彼らは彼らで分解を促進してくれる良いヤツだと思えたので土に戻して様子を見ている次第です。

3:妻からのクレーム

ある日、妻が言う。

妻

ねぇねぇ、ミミズなんやけどさ・・。

この口調は文句だ。

とうとう恐れていた妻からのクレームが来た・・。

ミミコンストップと言われなければいいのだが・・。

もしやゴキブリが発生したのでは・・。

ドキドキしながら聞いてみると・・。

妻

タッパ・・汚れとれないんだけど・・。

いや・・うん・・。

確実に安堵したんだけど、どうやらコーヒー由来の着色が食器用洗剤ではとれないらしい・・。

写真では分からないかもしれないけれど、コーヒー色の汚れがタッパの溝なんかに着色してて見た感じ綺麗には見えない。

ミミ用に与えるゴハンを冷凍するために使っていたタッパですが、家にあった人間用のタッパを共有使用していたために起こった出来事・・。

switch
switch

これはミミへのクレームではなく僕へのクレーム!

どうにかしなくては・・。

ということで使ったのがコレ。

ダイソーオキシウォッシュ

switch御用達のダイソーさんで売ってる酸素系漂白剤。

クーラーボックスの汚れなんかは、これを撒いて漬けておくだけで真っ白になる素晴らしいアイテムであります。

まずは熱湯でタッパを温めてからオゾン投入!そして、コーヒー由来の汚れのある層までお湯を入れて満たす。

どのくらい経過したら、コーヒーの着色汚れが落ちるのか未知数でしたが、お湯が冷めた頃に洗い流してみたらキレイさっぱりコーヒー由来の着色がなくなってました!

switch
switch

いやぁー本当に汚れ落ちて良かった・・。

そもそも、本来そうするべきだったのでしょうが・・今後の対策として、ミミ用のタッパと人間用のタッパに分けて対応することになりました。

ただただ、ミミコン継続できて良かった(笑)。

4:まとめ

9月後半編・・いかがでしたでしょうか・・。

今回はなかなかぞっとするような写真も載せてしまって申し訳ない限りです。

兎にも角にも、ウジの方は経過観察しながら10月編でその続編を書いてみようと思います。

また、10月編では今季2季目のトウモロコシの収穫(予定)

があったりとそれなりにミミネタは尽きないと思いますので、これからも読んで頂けたら幸いです。

読了、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。