自問自答がやたら多い釣りブログ。

博多湾ナイトシーバス釣行!6月、初夏・・。ハクパターンかと思いきやイナッコパターン突入で難易度が爆上がり・・。

こんにちわ!

前回のファミリーシーバスフィッシングで見事、子供たちの前でシーバスをキャッチしたワタクシ・・switchです!

その時の釣行記録はコチラ⇩。

博多湾ナイトシーバス釣行!中学の同級生を含めた初心者3人のガイド役として、どうにかしてでもシーバスをゲットせよ・・(汗)。

おかげで、パパとしての威厳を保つことができましたし、友人の前でも釣りが上手?(釣りバカ)という印象を知らしめることができた釣行となったのですが・・。

長女
長女

パパ!

今度いつ行くと?

次女
次女

私も!絶対行く!

・・という感じで・・。

娘たちの釣り魂に火を付けた訳であります・・。

ブログ主
ブログ主

これは・・。

予期せぬ幸福!!

そんなある日・・。

僕は夜勤明けで次の日も朝から仕事・・という多忙なサイクルではありましたが、それでも「子供たちのために!」と正々堂々と妻の前で「釣りに行きます!」と言える喜びを噛み締めながら(笑)子供たちにシーバスを釣らせるために前回の場所へ行ってみたので、いろいろと書いてみようと思います。

0:冒頭

ブログ主
ブログ主

さてさて・・。

誰を誘おうか・・。

とりあえず、困った時の友人K・・(笑)。

そういえば・・、釣りの面白さに目覚めた友人Kの長女ちゃんはマイロッドを購入したらしい・・。

※その要因となった釣行がコチラ⇩

宗像・大島でファミリー釣りキャンプ!フェリーに乗れて、釣りもできて、さらに無料のキャンプ可能な公園もあって最高でした!

さすが、しっかり者の友人Kの遺伝子を継承した長女ちゃん!

年齢が1つ下の長女のことを考えるとお金を貯めることなんてしないだろうな・・と容易に想像できるので、その凄さに感心しかありません!

ということで、最初は友人Kを誘ってみましたが、友人Kはこれから五島に遠征に行くとのことだったので断念・・。

続いて、そろそろ捻挫が治っているだろうと思われるM兄さんを誘ってみましたが、返信が返ってこなかったので断念・・。

その結果、前回一緒に楽しんだO君がフリーだったので、前回と同じメンバーで再びエントリーすることになりました。

今回の海況ステータスはコチラ⇩。

潮汐:中潮(18:49干潮↗01:19満潮)

天気:晴れ

気温:26度(夕)→23度(夜)

水温:22.3度

風 :西北西2.6m

波高:0.2m

今回も僕だけが経験者・・という感じですが、どうにかこうにか楽しんでみようと思います。

1:夕マヅメ

今回はswitch家が先着・・!

前回より手前の釣りがしやすいエリアでスタートフィッシングです。

前回はタックルボックス1つを手に持ってエントリーしましたが、その際・・次女が寝るというイベントが発生したせいで我が2本の腕が筋肉痛でCぬという出来事が発生・・よって、今回はキャリーワゴンを持ってきました!

キャリーワゴンを引く長女と次女

これで、次女が寝てもコレに入れて釣りができます(笑)。

釣りの準備が整ったので、長女のタックルにはフローティングミノーのセカンダリー105Fを選択し、表層orロッドを立てての引波アクションでシーバスを狙わせ、僕&次女組はアジングロッドなのでライトルアーのスネコン50Sを選択し、違ったタイプのルアーを使って本日のシーバスの答え合わせをしていこうと思います。

博多湾で釣り開始

ちなみに・・初のシーバスっぽい反応は次女・・。

僕&次女組は、僕がキャストして次女が巻く・・という作戦で狙っているのですが、次女が巻いている途中で明らかにティップが食い込んだんですよね・・。

僕がキャストした直後での次女の巻き始めだったのでスネコンが浮上するまで多少のタイムラグはありますが、駆け上がりの牡蠣瀬に引っかかったとは思えないので・・おそらくショートバイト・・見切られてしまった反応をソリッドティップのアジングロッドが捉えたんだと思います。

ちょっとずつ陽が暮れてきて、ハク(ボラの2〜3センチサイズの稚魚)を確認・・。

よって、前回と同様にシンペンの方が良いかな?と思い、長女のミノーをシンペン(マリアのフラペンS85)にチェンジしたところで、O君と、その彼女のSさん登場!

夕マヅメは不発に終わりましたが、ナイトゲームに突入です!

2:ナイト

前回の釣行において初ルアー釣行で初シーバスをゲットしたO君・・。

次の日に自分でロッドを購入しており、やる気MAX!!

そして、Sさんにメロメロな長女&次女はSさんが遊んでくれるということで、ようやく一人で釣りに集中できます!

ブログ主
ブログ主

Sさん・・。

面倒みて頂き感謝です!!

とりあえず、夕方の段階でハクを目撃しているので、弱々しいアクション細身なシルエットなルアー(スネコン50S→月下美人しらすJ→マニック75)で試しつつシーバスを狙いますが不発・・。

シンペンで反応がなかったので、ガボッツ65で表層を引波でトレースしますが不発・・。

このポイントに見切りをつけて、橋脚周りにエントリーしますが、先行者さんが散々叩いたあとだったので、せっかくショートバイトがありましたが乗せきれず・・。

プレッシャーが掛かったエリアではありましたが、ここまで釣れないとしたらルアーが合っていないのではないかと考えるようになりました。

潮もそこまで動いていなかったので、ちょっと息抜きに子供たちの面倒を見ながら海面の様子を伺っていたところ、イナッコを発見・・。

大群という訳ではないですが、20〜30匹の群れ。

そして、そんな小規模な群れが複数・・。

ブログ主
ブログ主

これは・・。

イナッコパターンか?

シーバスのボイル音があれば良かったのですが、特に異常なし・・。

とりあえず、思っていたパターンではなかったので、これからどうにかなるかもしれない・・と思っていた矢先・・またもや次女が眠りにつきそうだったので前回よりも早めにストップフィッシングとなりました。

3:今回の推し!

釣れてないので・・。

今回の推しはありません(泣)・・。

4:まとめ

ハクパターン・・かと思いきや・・おそらくイナッコパターンだったのではないかと思われた今回の釣行記録・・。

どうやらそれなりに簡単にシーバスが釣れていたパターンが終わり、難易度の高い季節・・がやってきた模様です・・。

なにせ、イナッコパターンってパターンが広義すぎてよくわかりません・・。

さてさて・・、どうにかこうにか長女にファーストシーバスを・・と思っていたところですが、ちょっと難しくなりそうな気がしてきた初夏・・果たして、釣れるでしょうか・・。

またこどもたちと共に繰り出そうと思います。

読了、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。