自問自答がやたら多い釣りブログ。

博多湾早朝シーバス釣行!新規開拓エリアでガボッツを使ったトップゲーム!

こんにちわ!

秋冬のヒラスズキシーズンをよりよい釣行にするため・・、ヒラスズキではありませんが湾内シーバス釣行で修行という名目で釣行を楽しみしつつ虎視眈々と北西風吹き荒れるハイシーズンに備えて爪を研いでいるswitchです。

湾内シーバスの技術や経験が・・、マルスズキという生態が・・、主にサラシの発現するようなロックエリアで狙うヒラスズキゲームにそのまま代用(もしくは転用・・)できるのか・・と言われれば、そうではないところも多いのですが・・。

海況を考察しながらゲームを組み立てていくところや、ルアーを喰わせるまでの過程なんかはどちらも共通して難しく、偶然のヒット・・というものもありますが、少なからず釣れるには何かしらの要因があって、その一連の何かがヒラスズキに繋がるのではないか・・と思い、なかなかサラシてくれない北部九州に住む僕は湾内シーバスばかり挑戦しているのであります・・。

ここ最近、内部異動で常日勤となって生活サイクルが変化したり覚えることがたくさんあって、なかなか定時に帰ることができず、仕事のストレスは蓄積される一方なので発散するべく短時間釣行に繰り出したりと、個人的にはうまく仕事とストレスと釣りの循環がうまく行っているのですが、家庭への貢献がまったく出来ておらず妻に負担ばかり掛けている僕ですが、そんな妻から「釣りに行ってきていいよ・・(むしろ、釣り行ってこい)」宣言が・・。

ブログ主
ブログ主

HAPPYーーーー!!!!

しかし・・、今からどこに行こうか・・。

結局のところ、前回ヘッドライトを忘れたためにできなかった新規開拓エリアへの挑戦をしてみようと思い、今回の釣行記録へと至るのですが・・、兎にも角にも今回もしっかりと魚を釣ることができました・・。

ブログ主
ブログ主

しかもトップで!!

今回は、新規開拓エリアの調査だったので釣果についてはそんなに考えていませんでしたが、まさかの・・あまり自分がやったことのなかったトップゲームでシーバスを釣り上げることができましたので、それについていろいろと書いていこうと思います。それでは湾内シーバス新規エリア釣行編・・スタートです!

0:冒頭

「釣りに行っていいよ・・」と妻に言われ、首輪を外されたドックランの犬のように玄関から飛び出して車に乗ったものの・・行き先がまだ決まっていないので、とりあえず福岡市内まで車を走らせる・・。

そんな夜・・。

「昼までには帰ってきて!」とのことだったので、それなりに釣行時間は確保できるので遠征でナイトヒラスズキに逢いに秘境に行くことも考えましたが、今から秘境に行くことを想定して到着予定時間の潮汐を確認したところ、まさかの満潮のタイミング・・。

おそらく大潮といこともあって、それなりに潮位が下がらなければ秘境ポイントに入れないだろう・・。

ブログ主
ブログ主

あと2時間出発が早ければ・・。

だったら・・。

遠方に行かずに近場で新規開拓エリアでも挑戦しながら、一人の時間を楽しんでみようと計画を立て直すことになりまして、前回ヘッドライトを忘れたためにエントリーできなかった博多湾内の新規開拓エリアへ行くことにしました!

今回の海況ステータスはコチラ・・⇩。

潮汐:大潮(22:29満潮↘04:10干潮↗)

天気:晴れ

気温:24度

水温:28.4度

風 :北北東1m

波高:0.2m

この時期、なかなかシーバスは釣れないので、朝マズメに勝負を掛けられたらいいかな・・と思います。

1:深夜〜未明

最初にエントリーした新規開拓フィールドは、若干風が吹いていて海面がザワザワしててトップや引波系ルアーは厳しいイメージ・・。

なので、シャロー系シンペンのフラペン65から入って水面直下を漂わせるようにアプローチしましたが不発・・。

その後はソマリ90⇒スネコン90⇒ヨイチ70ダイエットを使って漂わせてみましたがシンペン系には反応なし・・。

続いて、ミノー系を選択してブローウィン80S⇒K太77サスペンドと前回の必勝パターンを試してみましたが不発・・。

その後、金曜日ということもあり疲労が押し寄せてきて、せっかくの釣りを中断して仮眠をとることとなったのですが・・、かなりの数のトウゴロウイワシが入ってきていることを確認したので、場所移動せずに仮眠明けもこのエリアで継続釣行をすることに決めました。

そして、朝4時・・。

仮眠して主に眠気による疲労が抜けたところで再開です!

しばらく海況を観察しましたが、シーバスの活性を確認できなかったので早々に見切りをつけて、そこからランガン開始・・。

明るくなる前に、朝マズメに集中できそうなポイントを探していたところ、ちょっと流れがあってトウゴロウイワシ以外にもシリヤケイカの子供の群れがいたり、メバルの群れがステイしているエリアを発見!

ちょっと試したくなって、スナイプ45Sをチョイスしてメバルを狙っていたら、それなりに大きめなタイワンガザミを引っ掛けました・・。

ヨダレモノな獲物ですが、クーラーボックスを持ってきていなかったのでリリース・・。

続いて、かなり大きいサイズのイシガニも・・。

カニ系(しかもデカい・・)がやたら生息しているポイントのようです・・。

2:朝マズメ

未明まではメバルを狙っていましたが、全く相手をされずに大型のカニ類を捕獲していたら朝を迎えました・・。

まぁ、釣れなくとも今回の釣行ではカニという成果があるので、僕としては満足しているところではあるのですが、これだけメバルがいるのでシーバスもいるだろう・・、というのが僕の見解・・。

このまま朝マズメもやってみようと思います・・。

陽が登ってきた段階で、メバルのボイルが・・。

ワームを持っていたら・・と、後悔しつつも小さめのルアーをローテーションさせながらメバル狙いを継続しましたが不発・・。

シーバスを狙うべきか、このままメバルへのアジャストを続けるべきか、いろいろと考えていたら、明らかにメバルではないモヤモヤが海面に・・。

ブログ主
ブログ主

チヌ・・?

おそらくチヌ・・。

だったらトップ系?

あまりやったことはありませんが、いつか伊万里湾のくるくるイワシパターン対策で持ってきていたトップ系ルアーでチヌを狙うことにしました!

まずは、ガボッツ65をチョイス・・。

ドックウォークの練習をしつつ、J君のドックウォーク上手だったよな・・、と思いながらテンポよく刻みましたが不発・・。

ただ・・、ベイトの正体が判明しました・・。

やはり、昨夜大量に漂っていたトウゴロウイワシが表層に浮いている模様・・。

メバルはこれを捕食しているわけではなく、もっと小さい何かを捕食していますが、時々・・このトウゴロウイワシが逃げ惑う場面が沖で見かけるので、沖はメバルではないと思うので、ガボッツを継続・・。

ドックウォークからショートポッピングに切り替えながら、ガボッツのアクションの広さに驚きながらテンポよく引いていていたら、ガボッツの後ろがモヤモヤ・・。

ブログ主
ブログ主

追尾されてる・・?

いや、離れた・・?

そのモヤモヤが消えたので見切られたか・・と思いつつショートポッピングを続けていたところ、まさかのヒット!!

ティップが引き込まれ、アワセをいれましたが乗らず・・。

ブログ主
ブログ主

喰ってくるんかよ!

ムズ!!面白い!!!

その数投後・・。

先程の再現性をイメージしながらショートポッピングを続けていると、海面が炸裂するように割れてヒット!

ブログ主
ブログ主

これはチヌだ!

絶対チヌ!

良く走る魚で一度もジャンプしなかったので、ずっとチヌと思っていましたが近づいてきてシーバスであることが判明(笑)。

めちゃくちゃエキサイティングで面白かったですし、良い勉強になりました!

その後はメバルのボイルタイムもモヤモヤタイムも終わり、僕も精神的に満足していたので早帰り・・。昼まで釣りしていいとのことでしたが8時には帰ってきました。

3:今回の推し!

ガボッツ・・。

やばくないですか・・?

一つのルアーで表層ウェイクアクションから、ポッピング&ショートポッピング、ドッグウォークにジャークを入れれば表層直下をスイムしてくれる優秀なルアーです。

正直なところ・・僕はガボッツとほぼ同じ使い方のできるコモモⅡ推しでもありまして、どちらかというとガボッツよりもコモモⅡを推していましたが、ポッピングに関してはガボッツの方がステイが決まりやすい感覚があって、ドックウォークやショートポッピングで魚を狙うならガボッツかなと感じるところであります・・。

むしろ、コモモⅡより飛んで多彩なアクションができてデイ&ナイト問わず魚を連れてきてくれるルアーなので、上位互換・・という訳ではありませんが、なかなかに素晴らしいルアーだと思います。

僕はまだ、ガボッツ65しか持っていませんが、90や150も揃えてみようと思います。

絶対秋シーズン活躍するでしょう・・。

4:まとめ

今回の釣行記録はいかがでしたでしょうか・・?

最近・・自分でいうのも変ですが、釣れ過ぎてて・・自分がちょっと上手になっていると勘違いしそうになりますが、シーバスが好調で好調で・・。

昔と違って、いろんなルアーを使うようになったし、バイブレーションやミノーを主体としていた当時と比較してシンペンやトップも使うようになりましたし、表層から徐々にレンジを入れていくルアーチェンジの組立て方や入れるレンジを同じ層を考慮しつつもアクションを変える(ローリング系なら次はウォブリング系orウォブンロール系など・・)ような組立てが功を奏して、釣果に繋がっているのではないかと自分では思います・・。

すべては、一度シーバスの世界から遠のいてライトゲームやジギングなんかといった釣りに浮気した結果が今の僕を作っている訳で、周りに回って合理的に考えられるようになったのではないかと・・。

これから釣れない日々も絶対にあるでしょうし、釣れる日もあるでしょうし・・。

こんな感じで、日々精進しながら釣りを楽しんでいこうと、何故か今日は真面目に物事を考えてしまうswitchでした・・。

読了、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。